地域のお芋掘りへ

今日は年に1度の地域のじゃがいも堀り。

ドッチボールの練習が終わり、そのままおいも掘りに行き、大量のお芋を持って帰ってきた。

長男 「大量だよ!小さいのも入れてきたから食べられないのもあるかもしれないけどとりあえず全部入れてきた!ポテトグラタンがいい! 」

母 「すごいたくさんだね!じゃあポテトグラタンにしよう」

長男 「やった~(^^)」

大量のじゃがいもを一つずつ新聞の上に広げていると・・・。

袋の底に幼虫が(><)

なんで幼虫まで入れてくるかなあ(~_~)

母 「幼虫出てきたよ~(><)!!!」

長男 「えっ!?何の幼虫?」

弟君 「見せて見せて~(^O^)」

母 「見なくていいから外に捨ててきて(><) 見るなら外でみて!

ああ、びっくりした。

幼稚園のとうもろこし狩りの時も、トウモロコシの皮をむいたら幼虫が入っていてビックリした。

じゃがいも堀りでまで幼虫を入れてくるとは・・・。

袋に入れる時に気が付かないかなあ。

土も大量に入ってたし適当に土ごとボンボン入れたんだろうなあ。

まあ楽しめたみたいだからよかった。

野菜堀りは怖い怖い(>_<)

まだキレイなお芋がたくさん残ってる♪

いもポテト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加