弟君の夕涼み会 少しくらいふざけてもいいんだよ

今日は長男のドッチボールに引き続き、午後からは弟君の夕涼み会。

長男と違ってクソまじめな弟君。

毎年盆踊りも真顔でまじめに踊っていてあまり楽しそうではない。

母 「夕涼み会はまじめにしなくていいんだよ!ふざけてもいいから楽しくやってごらん。横に行く時とか行き過ぎたりとかしてもいいし。いつも怖い顔してるよw」

弟君 「わかった!じゃあ変な顔する!こんな顔!」

前もって少し羽目を外してもいいんだよと言っておいた。

いざ盆踊りが始まった。

最初はまじめに真顔でやっていたが、思い出したように急に変な顔をし始めた。

すると、楽しくなってきたのか、踊りもオーバーリアクションで動くようになり、ニコニコ楽しそうに踊り始めた。

♪右へおっとっと♪左へおっとっと♪

のところでは大きく左右に動いてすっごい楽しそう。

変な顔してみたり、アレンジして大きく動いてみたり。

よかったよかった。

弟君も楽しめるようになったみたいで。

帰ってきて聞いてみた。

母 「踊り楽しそうだったね(^^) 楽しかったでしょ?」

弟君  「うん、楽しかった(^O^)」

撮っていたビデオを見てみたらとても楽しそうに映っていた弟君。

でも周りはみんな真顔で普通に踊っている。

ふざけて楽しそうに踊っていた長男に見慣れていたからみんな楽しそうに踊るものかと思っていたけど、まじめに普通に踊っている子ばっかりなんだなあ。

弟君が普通だったのか(^^;)。

ふざけさせ過ぎたかな?

先生が見ていたらびっくりしただろうなあ。

いつも真面目な弟君がどうしたんだ???って。

でも楽しめたみたいでよかった!

たまには羽目をはずさないとね♪

これに味をしめてまじめにしなきゃいけない時もふざけたりしないだろうなあ。

母 「夕涼み会は楽しくふざけていいんだけど、鼓笛はふざけちゃだめだからね!まじめにかっこよくやるものだから」

弟君 「そうなの?分かった!」

一応ふざけていい場面といけない場面を教えておいた。

長男は教えてもいないのにみんなより楽しめるというのは幸せなことなのかな。

きっと他の子以上に楽しんでいる。

その分、怒られることも他の子以上だけれども。

長男と弟君を足して2で割るとちょうどいい感じなんだよなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加