ブラインドタッチ練習のために無料タイピングゲームを使わせてみた キッズにおすすめ♪

小学生中学年の長男と、幼稚園年長の弟がはまったブラインドタッチ練習のタイピングソフトがこれ!

2016-03-10_00h11_43 2016-03-10_00h16_28

Type ‘em up

海外のらしく、説明がすべて英語だけどなんとなくわかった。

左に自分の飛行機がいて、右から流れてくる敵(アルファベット一文字)を打ち込んで倒すというシューティングゲーム。

打ち込むと自分の飛行機から何かが発射されてアルファベットをつんだ敵の飛行機を爆破する。

遅いと敵がぶつかってきたり、敵が攻撃してきたりするので、それで自分のゲージがなくなったら自分の飛行機が爆発して終了。

その時点でのポイントがでる。

単語は打たないが、難易度を上げれば早くローマ字の敵が流れてくるので早く打つことになる。

これだけでもいいが、正しい指の使いをしっかり覚えるならこちらのがいい感じだ!

2016-03-10_09h30_06

タイピング練習(基礎編)

キーボード内で上段・中段・下段・左右など何分割もに分けられて練習できる。

ただ打つだけじゃなく、タイムトライアル的なので、これもやる気が出ている。

でも飛行機よりは飽きがくるかな。

それでも、「これで真ん中の段が打てるようになったら飛行機のをやらせてあげる」と言って1時間くらいかなあ、これをやったら長男も次男も真ん中の段をブラインドタッチで打てるようになった。

なぜタイピングゲームを探す羽目になったかというと・・・。

今日の夕飯の時、弟君がしゃべりだしたことがきっかけだ。

弟君 「クラスの男の子がケーキ屋さんになりたいんだって。男の子なのに」

長男 「男の子だってなるよ、パティシエでしょ?」

母 「そうだよ。ケーキとか作っている有名な人は男の人が多いんだよ。なったら(^^)?」

弟君 「ぼくはスイカを作る人になるから・・・ 」

母 「じゃあ(長男)がなったら?パティシエに」

長男 「俺は、楽でお給料が高いものになる!!」

母 「・・(-“”-)」

父 「そんなのないから」

長男 「でもおれ、パソコン使う仕事はしたくない。学校で2行打つだけですごく時間かかる」

母 「初めてだったらみんなそうだよ 」

長男 「けっこう練習してるのに 」

母 「けっこうっていったてそんなにしてないでしょ?じゃあ家でゲームっぽく練習できるのやってみる?」

長男  「うん! 」

根気がない長男。

基本からしっかり教えてくれるような真面目なフリーソフトだと絶対に飽きる。

私も短大でブラインドタッチを習い始めた時、やっぱりタイムトライアル的なゲーム感覚のが楽しかった。

最近は見ないが、ゲーセンで、キーボードでローマ字を打つことでゾンビを倒すゲームにはまったものだ。

そこでパソコンでフリーソフトを探してみた。

全く初心者なのでまずはローマ字一文字を見て打つのがよさそうだ。

そして見つけたのがコレだった。

Type ‘em up

他にもあったけど、興味をそそられなさそうだったり、ローマ字もしっかり覚えていない長男には難しそうだったらり。

小4の子にこれが合っているのかは分からないが、長男にはピッタリだ。

そしてやってみると、長男がはまった!

そして年長の弟君もはまった!

背景や音も変えられて、宇宙とかオーシャンとかにできるから、単純だけど楽しいらしい。

これでパソコン嫌いも治るかな?

どんな仕事についてもパソコンは必要だからね。

仕事どころが、今は学生時代だって必要だよね。

長男より次男の方がブラインドタッチがうまくなったような・・・。

頑張れ長男!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加