昔の自分のような子に腹を立てる長男 すぐ泣く弟君

春休みで学童に行ってる長男と弟君。

長男 「2年でムカつくやつがいる」

母 「どうしたの?」

長男 「『ヒゲが生えてる~!』って言ってきた。しかも大きき声で!気にしてるのに。ぶん殴ってやろうかと思った」

鼻炎ぎみでいつも鼻をかんでいる長男。

何度言っても口の方に伸ばすようにこすって鼻をかむから鼻の下が赤くなりぎみ。

風邪をひいてさらに鼻をかんだ時なんかが鼻の下が真っ赤になる。

そしてそのうち黒く色素沈着してきた。

黒くなるからやめなって言っても本人が気を付ける気がないのでなかなかやめなかった。

母 「思ったことをそのまま言っただけで悪気はないんだよ。二年生だから怒っちゃだめだよ?怒ったの?」

長男 「怒ってないけど・・・」

母 「あんたも思ったこと言っちゃってたじゃん!『お弁当まずそうだね』とか。」

長男 「うん・・・」

母 「だいたい、鼻の下黒くなるからこするのやめなって何度も教えてたじゃん!ちゃんと言うこと聞かないから黒くなったんだよ。もうやめな」

長男 「今は気を付けてるよ」

親が何度言っても直す気がなかったのに同年代の子に言われると気にするらしい。

低学年の時の自分と似てる子に腹を立てて、でも怒らず我慢しているのをみると、ちょっと成長した感じがする。

昔はあなたもそうだったんだよ~っとちょっと笑ってしまう。

長男みたいな子はけっこういるんだね。

一方弟君は相変わらず負けず嫌いでくそ真面目。

一生懸命な分、できないと悔しくてすぐ泣いてしまうが、今日は学童でコマに紐が負けなくて泣いたらしい。

弟君 「だって、何回巻いても巻いても外れちゃって。」

母 「でもできたんでしょ?先生言ってたよ」

弟君 「うん、でも泣いてはずかしかった・・・」

母 「あきらめないで頑張るのはいいことだよ。それでできるようになるんだから」

長男 「(弟君)はなんかできないとすぐ泣くよね」

母 「あんたもよく泣いてたけどケンカして泣いてよね」

頑張ってできなくて悔し泣きするのとけんかしてたびたび泣くのはだいぶ違う(^^;)

兄弟でだいぶ違うねえ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加