テストの時間が余って暇~ 上履き袋がない

長男  「今日テストしたんだけど超ひどいんだよ!終わってもきっちり40分経つまで座って待ってなきゃいけないんだよ。本読んだりしてもいけないんだよ!」

母 「当たり前でしょ。普通そうだよ。終わりの時間まで見直しするんだよ」

長男  「でも10分で終わっちゃって超暇だったよ!」

母 「4年生の時は違ったわけ?」

長男 「うん。終わった人から本読んだりしててよかった」

母 「見直ししたの?」

長男 「したよ」

母 「で、もう丸付けしたの?」

長男 「したよ」

母 「全部できたの?」

長男 「2つ間違えた 」

母 「それはうっかり間違え?」

長男  「ううん、分からなかったの 」

母 「分からないのが二問もあるのに時間が余って超暇だったっておかしいでしょ”(-“”-)” そういうのは全部できた子がいうことだよ。最後まで考えてたわけ?」

長男 「ううん 」

母 「なんでよ。で、直ししてちゃんとわかったの?」

長男 「分かった」

母 「ほんとに?」

長男 「うん」

母 「どんな問題だった? 」

長男  「覚えてない」

母 「覚えてないっておかしいでしょ(-_-;)!?問題分からなくて、丸付けで説明してやっと分かった問題をどんなか覚えてないっておかしいでしょ。面積の問題?割り算?ひっ算?文章の問題?」

長男  「覚えてない」

母 「直ししてもちゃんと分かってないでしょ?」

長男 「たぶん分かってると思うんだけど・・・」

分からなかった問題、絶対真剣に考えてないだろ・・・。

しかも答え合わせしたのもちゃんと分かろうとして聞いてないだろ。

何が「俺10分で終わっちゃって暇だった~!」なんだか(-.-)

よくえらそうに言えたもんだ。

始業式の日、上履きを持ってったら上履き袋を持って帰ってきた。

間違えて持って帰ってきちゃったと言っていたので次の日にまた持たせていた。

そして今日。

学童に迎えに行くと上履きをビニール袋に入れて持っていた。

母 「なんでビニールに入れてるの?上履き袋は?」

長男 「家にあると思う」

母 「なんで?持って帰ってきたからまた持ってったよね?」

長男  「うん、でも学校になかったからたぶん家にある」

母 「たぶんじゃ困るでしょ。学校になくて家にあるっていうなら見つかるまで外に遊びに行かせないからね。いつもそういって学校にあったりするでしょ。」

長男 「う~ん・・・」

母 「もう一回教室見てきた方がいいんじゃないの(-_-)?」

長男 「うん・・・。あっ!そういえば引き出しの箱の後ろに入れたんだった」

母 「なんでそんなとこに入れるわけ(-_-;)?ちゃんと探してないでしょ?すぐに 『家にある』って思うんじゃなくてまじめに探しなさいよ」

長男 「わかった」

いつもちょっと探して見つからないと「たぶん家にある」で済ませる。

そして家にもなくて結局学校の体操着袋の中にハサミがあったり、引き出しの奥に落ちてたり、ロッカーに突っ込んだ物の下にうもれてたりする。

整理整頓ができなくてなくしやすいのは仕方ないとしても・・・毎度毎度探す気もないのがほんと腹立つ”(-“”-)”

まずい・・・学校が始まってまたイライラしてきた・・・。

今さらって感じのことなんだけど、久しぶりだとついイラっとしてしまう(><)

上履き袋に入ってなくても上履きを忘れずに持って出てきただけでも成長してるんだ!

マシになってる、マシになってる、マシになってる、マシになってる、人間関係のトラブルがないだけでもマシ・・・自分に言い聞かそう(+_+)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加