自転車で転んだらしい

外遊びから帰ってきた長男。

長男 「痛って~(-_-;) 自転車で転んでここぶつけた」

母 「どうやって転んだの?」

長男 「よく分からないんだけど、帰りに公園を出ようと思ったら、急に前にバ~ンって行って自転車の上に落ちた。」

母 「枝かなんかが前の車輪に引っかかって急ブレーキかかったんじゃないの?危ないよ?」

長男 「何もなかったと思うんだけど 」

母 「何もないのにいきなりタイヤがロックされないでしょ。なんかぶら下げたりしてなかった?よく考えてみな」

長男 「わかった!自転車のカゴに夏休みの工作で作った虫かご入れてて、その紐がぶら下がってたから引っかかってたのかも」

母 「絡まったってこと?危ないでしょ。気を付けなよ。どこで転んだわけ?」

長男 「公園を出るとこで」

公園の入り口は長さ3、4mの軽いスロープとなっている。

そのスロープにさしかかったくらいのところだったからよかったが、終わりのあたりだったら車道に飛び出していた。

公園を出るとすくに車道。

狭い道だが車通りが多く、二台すれ違うのがギリギリの道。

危なかった・・・。

ちょうど今日、小学生低学年~中学年くらいの子たちが自転車で隣の地区を走っているのをみた。

そっちの方の子も同じ学校だし、長男がそっちに行きたいと言っていたのでそろそろいいかどうかなと考えていた矢先のことだった。

やっぱり危ないかなあ。

そっちの地区の方に行くには今回危なかった車通りの多い狭い道もを通って行かなきゃいけないのだけれど、場所によっては車一台しか通れず車が端によって止まって、対向車が通り過ぎるのを待ったりする。

遠いと、帰る時間ギリギリになった時にものすごい勢いで自転車をこいで帰って来たリしそうだ。

車も気を付けていてくれるとは思うが、自転車の前のタイヤをロックさせて転んでしまうのは相当危険だ。

そういえば、先週の金曜で三週連続の上履きと体操着の持ち帰り忘れをした。

学童にお迎えに行く日だったので、帰りに取りに戻らせたが、また上履き袋に入れず直に持ってきた。

母 「なんでまた上履き袋に入れてこないわけ?汚いでしょ!」

長男 「なかった」

母 「なんでないの?先週もなかったでしょ!月曜に絶対探してきなさいよ!」

探してこなかったら今週はゲームなしと言っていたら、今日ちゃんと探してきた。

ランドセルを入れるロッカーのピアニカの下にあったと。

探すとこなんて、ロッカーか机の中くらいしかないんだから探せば見つかる場所。

全く探そうとしてなかったんだな(-_-;)

今週はちゃんと持って帰ってくるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加