言わない方がいいこともしゃべりたいことはバカ正直にしゃべる

長男 「今日給食で、俺とKでキーマカレーとナンとかお代わりして、もう少し完食賞取れそうだから頑張ってたのに、Hがスープの中に残したナン入れたんだよ!」

母 「・・・」

長男 「それでM(女)はもっとムカつくんだよ。残した口づけのスープを入れたからもうお代わりできなくなって、それでみんなで怒ったらM泣いたんだよ。泣けばいいと思って。超ムカつく。」

母 「どうせKくんがナン入れたからもう食べれなかったんでしょ?」

長男 「食べれるよ!Kは口つけてないの入れたから俺が食べるって言ったのに、Mはもういらないからって言ってわざと口づけしたスープ入れたんだよ」

母 「そうなんだ。それは腹立つね。誰が怒ってたの?」

長男 「全員」

母 「お代わりしてない子も怒るんだ?」

長男 「お代わりしてない子も完食賞は取りたいからね 」

母 「先生はなんて言ってたの?」

長男 「先生も一緒に言ってた」

母 「なんで入れちゃうんだよ~って?」

長男 「うん」

前のクラスでは長男とあと数人がおかわりを頑張ってよく完食賞を取っていた。

でも張り切り過ぎて逆流性食道炎になったし、ちょっと太り気味なのでお代わりはしちゃいけないと言ってある。

でもちょっとくらいならいいかと、最近は「おかわりし過ぎないようによ」くらいで言っていた。

母 「残したスープ入れなかったらスープお代わりしようとしたわけ?」

長男 「うん 」

母 「その前にカレーとナンをどれくらいお代わりしたの?」

長男 「キーマカレーとナンを一口ずつと、スープ2杯と、牛乳一本と~、ポテトを7本」

母 「はあ?お代わりするなって言ってるでしょ。そんなにお代わりしたって言ったら怒られると思わないわけ?」

長男 「思うけどムカつきすぎて話したくて」

母 「(-_-;)」

クラスに貢献しようとしてお代わりを頑張るのはいいが、太ってしまったりまた逆流性食道炎になったら困るから・・・(-_-;)

だいたい何度も注意されてるのに、お代わりをしていることを平気で話してくるのはアホじゃないかと思う(*´Д`)

きっとまた食べるんだろうなあ。

長男 「朝俺とRでしゃべってるんだけど、(弟)が話の途中に無理やり入ってくる(-_-メ) 全然違うこと言ってきて」

母 「まあ小さい子はそんな感じでしょ。それでどうするわけ?」

長男 「入ってくるなって言う」

母 「それはおかしいでしょ。Iちゃん(小2のいとこ♀)だとしてもそう言うわけ?」

長男 「・・・言わない」

母 「そうだよね。弟だからってそういう言い方するのおかしいよね?弟だって傷つくよ。あんただって、お前は入るなって言われたら嫌でしょ?」

長男 「うん・・・」

母 「そういう時は、後で聞くからちょっと待ってねとかって言ってちゃんとあとで聞いてあげるんだよ。」

長男「分かった」

母 「ちゃんとあとから聞くんだからね?」

弟には厳しい長男。

家でも弟への注意の仕方がすごくきつい。

うっとうしく思う様子。

確かに自分もすぐ話に入ろうとするし、のろのろするしで長男に迷惑かけてるから気持ちはわかるけど・・・。

でももう少し弟にも優しくしてほしい。

母 「言われるまで気が付かなかった? 」

長男 「うん」

母 「言われたら分かった?」

長男 「うん 」

自分の態度が悪いことに気が付いてないから、そんな話を親にしたら自分が注意されるとか分からないようだ。

弟にも他の小さい子と同じように接するように何度も注意しているのになかなかできない。

兄弟はそんなもんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加