頭を蹴られてもやり返さないのは・・・

長男 「もうKと林間学校で同じ班になるのやめる!昨日蹴ってきたから!俺やってないのに蹴ってきて、もう信用できない。」
朝からまた昨日のことを思い出してしゃべっている。

昨日、教室にゴキブリがいたから外に出そうとしていて、Kくんの机の方に行かないようにしてあげてるのに、

「なんで俺の方にやるんだよ」

と言って蹴ってきて、それでKくんが自分で先生に

「せんせ~、(長男)が俺の机の方にゴキブリを近づける~」

と言い、長男が

そうじゃなく行かないようにしてしてるのにKくんが蹴ったというと、先生がKくんのことを怒ったと言っていた。

アホな喧嘩だな~と思ってさほど気にしてなかったが、今日の長男の話ではスルーできない話が。

長男 「ゴキブリが行かないようにしてるあげてるのに頭蹴ってきて!」

母  「頭蹴ったの?」

長男 「うん、4回 」

母 「4回?で、どうしたの?やり返したの?」

長男 「やり返そうと思ったら時間がなかった」

母 「時間がなかったじゃないでしょ。4回も蹴られてるんだから時間あるでしょ。防御もしなかったわけ?上履きの裏でなんか蹴られたら汚いんだよ?」

その言葉に旦那も反応。

旦那 「上履きの裏で蹴られたのか?」

長男 「うん」

旦那 「それバカにされてるぞ。なめられてる。やり返さなきゃダメだろ。なんでやり返さないんだよ。」

長男 「ゴキブリを捕まえてたから」

旦那 「そういうことじゃないだろ。靴の裏で頭を蹴るなんてそうとうバカにしてるぞ」

長男 「後でやり返そうと思ったらもう音楽室行っちゃってて」

旦那は情けない長男に相当頭にきている。

私がフォローに入ればよかったんだけど、私も頭に血が上っていた。

自分の身を自分で守れるようになるために少林寺をやっているのに全く役に立っていない。

上履きの裏で頭を蹴られるなんてありえない。

しかも4回も。

蹴ってきた子も蹴ってきた子だけど、4回も蹴られているのにそのままゴキブリをいじっている長男に腹が立った。

プライドはないのか?

母 「なんでやり返さないの?頭に来ないわけ?」

長男 「やり返そうと思ったら音楽室行っちゃってて」

母 「行っちゃっててじゃないでしょ。すぐやり返せばいいでしょ。4回も蹴られてないで」

長男 「ゴキブリやってたから」

母 「ゴキブリいじってる場合じゃないでしょ。頭蹴られてるんだから自分の身は守らないと。ゴキブリと自分とどっちが大事なわけ?」

長男 「自分・・・。」

母 「だいたい、音楽室行ってからだって一発殴るくらいでできるでしょ」

長男 「授業始まっちゃってたから」

母 「あんた遅れていったわけ?なんで?」

長男 「音楽の準備してなかったから」

母 「それもおかしいでしょ。ゴキブリいじってて授業遅れるとかおかしいでしょ」

長男 「遅れてはないよ。入ったらちょうどチャイムが鳴って」

母 「じゃあいつ先生に言ったわけ?」

長男 「音楽が終わって教室に戻ったらKが先生に言って」

母 「おかしいからね。そういうのはすぐ怒るもんだよ?あとでとかじゃなくて。あんた相当なめられてるよ。バカにされてる!上履きの裏で頭を蹴られながらゴキブリいじってる子がいたらどう思う?周りの子からも『こいつ弱いんだ』ってバカにされるよ?」

長男は泣きだした。

情けない・・・。

どういうつもりなんだか長男の頭の中が全く分からない。

腹が立たないのか?

本人は腹が立ったと言っていたがあとでと思ってたらしいし、普通に音楽の授業を受けている。

そのあとやり返そうと思ったらKが自分から先生に言ってと言っていたが、Kくんが先生に言わなかったらほんとに文句言うつもりがあったのか?

長男の理解不能な行動にイライラする・・・。

でも・・・大したことないことですぐに手が出ていた低学年の時に比べれば衝動性がなくなっていいことなのか?

ここはすぐカッとならなかったことを褒めるべき?

ちょっと冷静になって長男に聞いてみた。

母 「自分では自分の行動どう思う?」

長男 「おかしい」

母 「頭にきたけどすぐカッとなっちゃいけないと思って我慢したの?」

長男 「ううん。あとでやり返そうと思ってた」

母 「Kくんのこと怖いとかじゃなくて?」

長男 「怖くないよ」

母 「Kくんと殴り合いとかケンカしたことあるの?」

長男 「ある」

母 「その時はどうなったの」

長男 「俺とKより強いやつが止めた」

母 「いつ?5年生になってから」

長男 「2年生の時」

母 「2年生?5年生になってからは?」

長男 「ない」

母  「そんな怒ることがないわけ?」

長男 「うん。ふざけてやってくるくらいで」

母 「でも頭を蹴るのは怒るとこだからね(-_-;)」

どうやらカッとなったけど我慢しているというわけではないらしい。

あまり頭に血が上らなくなったようだ。

母 「・・・。でもすぐカッとなって手がでなくなったのはいいことだね。1、2年生の時は怒らなくてもいいようなことで怒ってたからね。(でもここはカッとなっていいとこなんだけど・・・)」

一応無理やり褒めてみた。

長男 「うん。でもそのあとはKと普通に仲よくしたよ。Kの方から普通に『なー(長男)っ!」って話しかけて来た」

母 「KくんはHくん(つるんでる子)にも足の裏で蹴ったりするわけ?」

長男 「するっていうかいつもケンカしてる」

母 「・・・・。まあKくんはバカにしてるとかじゃなくそれがコミュニケーションなのかもね。逆に仲いい子だからそういうことするのかもね」

長男 「うん」

母 「で、ゴキブリはどうしたの?」

長男 「新聞で外に出した」

Kくんは林間学校で同じ班になろうと誘ってきてリしていた。

長男を下に見てるとかバカにしてるとかそういうんじゃないのかもなあ。

仲いいからできるコミュニケーションなのか?

大人からみたら、しゃがんでるところを靴の裏で頭を4回も蹴るというのは信じられないような侮辱行為だけど、長男もそれほど怒らなかったってことは、大したことじゃないのかなあ。

長男とKくんとの関係は長男にしか分からないけど、ふだんは割と親しくしているということは大丈夫なのか?

男の子の関係って難しい・・・。

クラスの中でバカにされていないだろうか、いじめに合わないだろうかと心配しすぎかなあ。

今日は授業参観。

もうそんなにヒヤヒヤすることはないけど、また地図帳が給食台に置いたあったりしないだろうなあ。

算数をやるのに昨日持ち物チェックしたら算数を入れてなくて入れさせた。

毎日やる算数をなぜ入れてない(*´Д`)?

今朝、「椅子の下に洗濯バサミをつけてちゃんと雑巾をつけた?」と聞いたら、まだ洗濯バサミをランドセルに入れたままで雑巾を横のフックにひっかけてると言っていた。

もうすぐ1学期が終わるのにまだできていない。

ちゃんと付けておきなさいよとは言っておいたけどどうかなあ。

他の子はみんな雑巾を椅子の下に付けてるかみてこよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加