弟君が目を殴られた 昔の長男を思い出す

今日は少林寺拳法の日。

旦那が子供をお迎えにってなかなか帰ってこないと思ったらトラブルがあったらしい。

新しく入ったヤンチャな1年生の男の子とだ。

かかわることが多い同学年の弟君は、以前からその子にちょっかい出されたりしてストレスに感じていた。

真面目にやらずにできないし~と言ったりふざけたりもしていたという。

でも次の大会でその子と組まなくてはいけないので、今日はやり方が違うのを指導したという。

するとイライラし、目打ちという目のところでギリギリ止めるところで技で、2度も目をパンチしてきたという。

一回目はグーで、次は指を突っ込む感じで。

本人はわざとじゃないというが、長男が見ていた感じでも、上から振り下ろしてグーでやっていたので、明らかにわざとだという。

お迎えに来たその子の親がその子に注意している時のいいわけを聞いていても、

「だって注意されてむかついたから」

と言っていたようなので、やはりわざとだろう。

その子の親も旦那に謝ってきたが、感情が抑えられなくてと言っていたようで、どうやらADHDっぽい感じらしい。

うちも長男がふざけすぎて、休憩時間に一緒にふざけていた子の指を骨折させたりしているから、相手に対して責めるとかそういうことは思わない。

障害なら仕方ないし、お母さんの大変さが分かる。

でも・・・先生はどうした?

先生がちゃんと指導しないから弟君が注意するはめになって、弟君が攻撃されることになった。

そばについていたらしいが、おじいちゃん先生でちゃんと指導していなかったと。

相手のお母さんは、

「目はダメって言ってるっでしょ!見えなくなったりするんだから!」

と言っていたようなので、いつも目を攻撃するのかも知れない。

大丈夫だろうか・・・。

その子は仕方ないけど、先生が気を付けられるのだろうか?

指導者のうちの一人は、弟君がだらだらしていると長男のほっぺをつねり、長男が痛い思いするのは弟のせいなんだぞと言って関係ない長男を泣かしたバカみたいな先生だ。

そんな先生が、指導の難しいADHDの子を上手く指導できるのか?

衝動性の強いその子をいらだたせないように上手やってくれるだろうか・・・?

その先生が下手に厳しくしてその子を興奮させてしまって、そのせいで弟君が被害を受けるようなことがあったら大変だ。

その子と組んで大会に出るのに、その子が真面目にやらないせいで恥ずかしい思いをするのが嫌だから注意したと弟君は言っていたが、とりあえずもうその子に注意したりしないように言った。

親が注意しても聞かないのに、あなたが注意しても無理だからと。

お迎えに来た親が注意しても反抗していて全然いうことを聞いておらず、最終的に謝ったけれどまったく反省してない言い方だったという。

旦那と弟君とそんな話をしていると、長男も話に混ざっていて、その子のことをああだこうだ言っていた。

母 「あんたもそんなだったんだからね!今は違うけど、イライラすると人に攻撃してたんだからね!」

長男 「(^▽^;)」

弟君 「(;・∀・)」

まあ、その子の親もいってたらしいけど、そういう子だから少林寺を習わそうと思うんだよね。

心身ともに鍛えて欲しいと。

ある意味少林寺の先生も大変だ・・・。

専門家である旦那がいうには、その子のお母さんはうつだろうとのこと。

うん、気持ちは分かる。

そういう子を育てるのって大変だよね。

分かる分かる。

お母さんは悪くない。

もしまた同じことが起きるとしたら、子供を預かって指導している立場の先生が悪い。

そういう子だと分かって預かってうちの子と組ませているのだから、気を付けてもらわないと困る。

この先大丈夫かなあ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加