しっかりした先生のクラスは違う!

今日は給食費の集金で学校に行ってきた。

去年は給食費を出さずに外に行ってしまった子がいて呼びに行ってもらったり、すごく時間がかかった。

そのため、外に行ってしまった子がいたら呼びにいってもらうとお願いしていた。

母 「給食費出さないで外に言っちゃう子がいたら呼びに行ってもらいたいから、みんな出すまで教室で待ってて!」

長男 「う~ でも昨日先生が出すように言ってたから大丈夫だと思うよ!」

早く外に遊びに行きたいからそう言ったのか、本当に先生が強く念を押していたのかは分からないが、みんなスムーズに出してくれて、うちのクラスが一番のりで先生に届けた。

教室には分かりやすく、音読カード入れ、提出物(連絡帳など)入れ、のかごが並んでおり、算数のノートは開いて裏返しにしてみんな決まった場所に提出していた。

いや~ できる先生のクラスの子は違うなあ。

前のクラスの時もプリントを置くとこはあったかもしれないけど、その他の提出物入れはおいてなかったから連絡帳などは出し忘れることが多かったし、直接先生に渡さなきゃいけないから嫌な顔をされた。

今の先生になってよかった~

帰りにたまたま担任の先生にあった!

先生 「漢字のことちゃんと報告できました?」

母  「いや・・・『先生が言った時にするって!』と言ってました(^^;) もっと詳しく言ってたでしょ?って聞くと、『覚えてない。俺がトイレに言ってる時に言ってたのかなあ』と言ってました・・・。テストの前の日には『明日するって!』とは言ってましたが。」

先生 「長男君の顔をみて『(長男)君のために説明するんだからね~』ってじっくり説明したんだけどなあ(^^;) でもまあ(明日テストするってって)報告できたならいいか」

とのこと。

やっぱり長男の顔を見て説明してくれてたんだなあ。

なんで覚えてないんだろう。

こんな内容じゃなかった?って聞いても覚えてないといった。

内容だけじゃなく、話していたことを覚えてない様子。

どんだけよそへ注意がそれていたのか・・・。

内容が難しくて理解できてなかったにしても、ちゃんと聞いていれば、先生が漢字テストの流れについて説明してくれてることは覚えてると思うんだけどなあ。

先生もきっと子供に「なんで~ 言ったのに~」ってつっこみ入れてるだろうな(^^;)

面倒見のいい先生でよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加