授業参観、しっかり者の女の子に助けられている

今日は長男の授業参観日。

自分の住んでいる県について知ろうという社会の勉強。

先生  「じゃあ地図帳出して埼玉県の場所みてみて 」

長男  「ない!」

隣の女の子が以前配られたと思われる地図の書いたプリントをさっと出し、長男との間に置いてくれた。

そして地図帳も出していた。

地図帳よりも分かりやすいプリントをパッと出すとはなんて頭のいい子。

そして当たり前のように長男に見せてくれる。

でもおかしい・・・。

今日の朝学習デスクを見た時に、何も置き忘れてなかった。

絶対引き出しに入っているはず。
出すのが面倒だから見せてもらおうと思って甘えているようだ。

そして班で机をくっつけて話し合う時間になった。

先生 「私たちの県について調べたいことを話しあってください 」

さっきの女の子を中心にわきあいあいと話し合いが始まった。

長男 「虫の数!」

女の子  「無理だから(笑)」

長男 「山の数!あれ?山あったっけ?」

女の子 「遠足どこいったんだっけ?」

長男 「あれ山なんだ・・・ 」

女の子 「問題外!」

長男 「県の周りに海はあるか!」

女の子 「ないから! 」

長男 「花の数!」

女の子 「多すぎるしいつ咲いてるか分からないし!」

長男 「ハロウィンで人の家に突っ込んで行く子供の数!」

女の子も笑いながら長男のアホ意見にツッコミを入れていて、まるで漫才のようだった。

同じ班の他の子たちも笑っていてなかなかいい雰囲気だ。

前のクラスだったらバカにされてただろうからね。

一応まともに、「住んでる人の数」「男の子と女の子どっちが多いか」なども言っていて、それは採用されていた。

他の子「市町村の数!」

女の子 「それいいね」

長男 「市町村?」

女の子 「(書いたのを見せながら)市・町・村、私たちが住んでるのは町でしょ?そういう・・・ 」

市町村の意味と、漢字を教えてくれている。

なんて優しい子だろう。

こういう子が彼女だったらいいねえ・・・なんて思ったりしてみたりして。

その後手を上げて発表した時には、女の子は全く手を上げない中、長男は何度も手を上げてみんなで話し合ったことを発表していた。

しっかり者で控えめな女の子。

すばらしい!

他の班の子が、「名物」と言った。

先生 「じゃあ、埼玉県の名物はなんだろう?」

長男 「お寿司!」

女の子 「いやいや・・お寿司はないから 」

どう考えても海なし県にお寿司はないだろう(^^;)

なかなか雰囲気のいい授業参観だった。

帰りに机の中をみた。

思ったよりもキレイだったが、プリント類が16枚も出てきた。

廊下のフックには、前回の授業参観の時にかけてあった図書室の本が入ったスーパーの袋がまだかけてあった。

さらに鼻をかんだっぽいティッシュも一緒に入っていた。

そしてもう一つのスーパーの袋には書初めの道具がバラバラ・・・。

さらに集めてあるはずの上履き袋がフックにかけてあったのだが、その中に筆がさしてあった。

汚いから(><)

書道の道具をきちんとしまっておいた。

母 「書道の道具入れて置いたからね。長い下敷きは?」

長男 「ない」

母 「ないじゃないでしょ?探してきな」

長男 「やっぱなかった。明日もう一度探してみる」

教室の後ろにはなぜか長男の図工の作品だけがおいてあった。

母 「ねえ、あんたの作品だけおいてあるけど持って帰るんじゃないの?いつ渡されたの?」

長男 「昨日の前の前の前の前の前の前くらいに渡された」

母 「ちゃんと持って帰って来なさい!これは?(引き出し横の隙間に丸めた画用紙が)」

長男 「昨日渡されたやつだ」

母 「じゃあそれも持って帰りな」

母 「思ったより机の中きれいだったね 」

長男 「いつもはもっと汚いよ!朝キレイにした」

そして一緒に帰って来た。

母 「班の子は?」

長男  「いない。一緒に帰ってない」

母 「なんで?」

長男 「最近ケンカするから一人で帰ってる。たまにRと帰ってる」

母 「そうなんだ・・・」

一人で帰ってきていた様子。

帰ってきて画用紙を開くと、書初め用の半紙も入っていた。

母 「これ何?冬休みの宿題?」

長男 「今日の宿題」

母  「なんで? 」

長男 「書道の道具がなかったから 」

母 「あったじゃん、廊下に」

長男 「書道の時はなくて、そのあと見つけた 」

母 「持って帰ってきてないよね?どうするの?」

長男 「忘れてた」

母 「下敷きは?なかったよね?ちゃんと20分休みとか昼休みとか探したの?」

長男 「昼休みは探すの忘れた」

母 「ちゃんと探しなさいよ!宿題でもできないじゃん。月曜日言ったらちゃんと探してよ?先生に声かけるように書くからノート貸して!」

ちゃんと書道バックに入れず、スーパーの袋に入れて書道道具置き場においておいたため、隅っこにいってしまって見つからなかった様子。

その後見つけたが結局下敷きは見つからず。

で、お昼食べたら下敷きを探すのを忘れ、宿題になっていることも忘れ、どうしようもない。

今日宿題だったら土日にすればよかったけど、平日にやられるのは厄介だ・・・。

旦那のお見舞いにも行かなきゃいけないのに(ーー;)

最近ほんとにだらしなさがひどい。

どうしたらいいだろうか・・・。

とりあえず学校のことは先生に任せよう。

先生との交換ノートに下敷き探しの声掛けをしてくれるように書いた。

すると、その交換ノートに、観ていないコメントが2回も書いてあった。

10月と11月に1回ずつ・・・。

めったに書いてはこないから私も聞かなくなってたのも悪いんだけど、親に見せるの忘れてるし・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加