休みの日も落ち着いて遊べている ゲーム中毒のRくん

土日になると外に出かけていく長男。

友達が遊びに来ることはあまりないが、出かけていくとそれなりに友達を見つけて遊んでいる様子。

今日は同じクラスのSKくんとサッカーをしたという。

最初誰かいないか探していたら4年生のSくんも誰かいないか友達を探していて一緒にサッカーをすることになったという。

そして公園に向かっているとSKに合い、SKくんも一緒に遊ぼうというので3人で遊んだと。

SKくんはサッカーを習っていて上手く、サッカー好きなのはいいが、1、2年の時はサッカーが上手くない長男のことをバカにしたり仲間外れにしたりする意地悪な子だった。

3、4年ではあまりかかわっていなかったが5年生で同じクラスになってすぐもおちょくってきたり嫌がらせをしてきていたが、ムキにならなくなった落ち着いた長男をみて変わったのかちょっかいを出してこなくなった。

そして今日、その子の大好きなサッカーをやってもバカにしたりしてくることなく大丈夫なようだった。

サッカーで仲良くできるならSKくんとはもう大丈夫かな。

遊んでいると他に数人と合流し、その中に親友だったRくんがいたという。

長男 「Rもうだめだ、完全にゲームの世界に入っちゃってるよ」

母 「どうしたの?」

長男 「Rも公園にきて、みんなで一緒にサッカーしようってことになったんだけど、「ゲームがいい」って言ってて、『ゲームばかりしてないで一緒にサッカーしようよ』ってみんなで言ったら『ゲームがいい!』って言って泣いて帰っちゃった」

母 「泣いて帰ったんだ・・・。それはひどいね」

RくんはずっとDSを持っておらず少し前に買ってもらった。

買ってもらったら落ち着くかと思いきや、自分のをするだけじゃ飽き足らず、人がやっていると見始めてしまって、自分から長男に遊ぼうと呼びに来たにもかかわらず「帰っていいよ」と言って遊ぶのをやめたりする。

遊ぶ前にそういうことしないと約束してもやっぱりする。

自分がコントロールできないんのだろう。

長男の話では、先日Rくんは女の子の家の庭でDSを借りてしていて、その女の子は眠そうな顔で横で漫画を読んでいたという。

その子の話では朝8時頃来てから長男が遊びに行った11時ころまでRくんがず~っとDSをやり続けていたという。

長男はその女の子と公園に行って遊んだらしいが、RくんはついてきてもなおそのDSをやり続けていたという。

Rくんの話では親がいるとDSができないと言っているらしいので、時間を決められている様子。

自分のDSは時間が決められているので、外で人のを借りてやっているようだ。

これは中毒だな・・・。

他の子に比べて買ったのが遅かったから執着心が強くなっちゃったのか?

そのうち飽きるのかなあ。

うちも買う前はそんな感じで人のをず~っと見ていたり、他の子がサッカーをするときに貸してもらって一人でDSをしていたりしていた。

買う時に約束として、買ったら他の人のを借りてはいけないとした。

本人は守っているというが大丈夫かなあ。

Mくんの家に遊びに誘いに行った時は、「お前家上がらないんだろ?外で遊ぶことないから遊ぶのやめとく」と断られたという。

ゲーム以外に遊ぶことが思いつかないといった様子。

けっこうゲームにはまっている子がいて長男は驚いたように報告してくるけど、長男も人の家に上がっていいってことにしたらきっとゲームにはまるんだろうなあ。

友達と一緒にゲームしたら楽しいからねえ。

やらせてあげたい気もするけどどうなんだろう・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加