夏休みの宿題の絵がヤバい・・・ バスケ体験

夏休みといえば宿題・・・。

今年はドリルもなかなか進まないけど、これは学童でやることとして、休みの日は工作や絵を仕上げていかないとだ。

工作か絵か読書感想文など必ず二つやらなきゃいけない。

読書感想文は絶対ヤダというし、自由研究は無理だろう。

書道でもいいが、最終手段にするとのことで、工作と絵をすると。

絵はどれもコンクールに提出する物で、その中でもお米をテーマにした絵にした。

ネットで調べると受賞作品はみんなものすごく上手い!

これ⇒「JAグループ ごはん・お米とわたしコンクール」

服のしわやお釜の反射している感じなどほんとすごい。

これは受賞作品だし、さすがにそこまでは無理だろうと思ってはいたけど、いざ書かせてみると・・・

ヤバい・・・

腕の関節がなくてタコの足の様に変なとこで二か所曲がっている・・・

肩がなかったり首がなかったり・・・

襟の線がなく上半身裸のようだったり・・・( ;∀;)

つま先が両側完全に外側向いてたり・・・。

ひどすぎる。

服のしわとか反射とか影とかを付けるとか、そういうレベルではない。

遠近法的にもおかしくて、すぐ後ろにある物がものすごく小さいしすぐ横の木が人と同じ高さくらいだったりする・・・。

小5でも絵が得意な子苦手な子がいるとは思うけど、苦手な子はどんなレベルなんだろう(;・∀・)

こんな感じなのか?

剣の絵とかドラゴンの絵とかは上手なんだけどなあ。

親があまり口を出すことじゃないかも知れないけど、ここは絵の勉強のつもりで指導した方がいいよね?

宿題は勉強のために出ているんだろうし。

だいぶ口を出して指導してなんとか下書きを終わった。

ふ~。

長男の機嫌を損ねない程度に指導するの大変だった。

毎年本気で指導すると泣くし・・・。

あとは後日色塗りだ。

これもまた雑なんだよなあ。

今年もやっぱり雑なのかな(--;)

昨日は予約していたバスケットボール教室の体験に行ってきた。

月二回だけで、クラブではなく指導という感じで、そんなに厳しくないし大会などもない。

ドッチボール以外興味がないし、基礎トレや指導されることなどは好きじゃないから乗り気ではなかったがもしかしたらと思って連れて行った。

中学行っても部活をしたくないと言っているので興味をしめしてバスケ部にでも入ってくれればと思ったが大成功!

めんどくさがりで運動が嫌いな長男が興味をしめした。

母 「どうする?バスケ続ける?」

長男 「する!気が付いたんだけど、走るのが遅いとボール取れないから家に帰ったら走る練習する!あのマシーン使っていい?」

「う~ん」と悩むかと思ったが全く悩まずにバスケをすると言った。

しかも、バスケが上手くなるために家にあるランニングマシーンで走ると。

努力して上手くなろうとするなんて珍しい。

その場のノリで楽しくするのは好きでも努力することは嫌いなのに。

長男 「もっとやりたいな毎日は大変だけど週二回くらいはやりたい」

母 「月二回だからねえ。上手くなれば月4回のクラスもあるよ。隣でやってたでしょ?経験者が入るやつ」

長男 「あっちはヤダ。みんな笑ってなくてつまらなそう」

母 「真剣にやってるんだよ。笑ってないからつまらないってわけじゃないでしょ」

長男はドッチボールの真剣な大会の時も常にニコニコしながらやっていた。

バスケでも。

一生懸命はやっているのだろうけど、真顔になるほど真剣な雰囲気の中ではやりたくない様子。

母 「6年生のクラブでバスケクラブに入ればいいじゃん 」

長男 「クラブは科学実験クラブに入る」

母 「あっ、そう・・・(^^;) そういえばバスケできる6年生までだからね。」

長男 「え~ そうなの?あと少ししかできないじゃん!」

母 「中学に行ったら部活があるから、やりたかったらバスケ部に入ればいいんだよ」

長男 「部活はやだ。休みの日とかもやるんでしょ?ヤダよ」

母  「(-_-;) 中学校に行ったらなんか部活入るんだよ。まあ中学生になった時に考えてみたら?」

やはり本気でスポーツするのは嫌か・・・。

楽しいバスケをやっているうちに部活でもやりたいって思うかも知れないけど。

とりあえず今現在スポーツに興味を持ってくれただけでもいいか。

バスケへの興味はどれくらい続くかな?

たまたま体験に来た子の中に、長男と同級生の男の子がいた。

体験者は長男と弟君の他に二人だったがなんとも偶然。

一昨年変な担任の時に担任とかなりやりあってた子で、長男ともケンカしてた子だったが、現在は普通に仲がいいらしい。

みた感じ真面目そうだしいい子そうだった。

長男の話によれば意地悪とかそういうんじゃなくて、真面目だけどキレやすくて、担任がおかしいからキレてよく担任とケンカしてたとのこと。

あの担任なら分かる。

長男も投げたティッシュを間違えて当ててしまった時にボコボコにされて泣いて外に飛び出して授業参観に出られず保健室行きとなったことがあった。

3年生の時は、先生と蹴りあってるとかキレやすくて暴力を振るわれたとかよく聞いてたからどんな子かと思ってたけど、そんな悪い子じゃなかったんだね。

見た目も、背も高いしクールそうだし、なかなかカッコいい子。

その子がいたおかげで二人で組んだりすごく楽しめた様子。

その子に感謝だ。

でもその子は空きができ次第土曜に入ると言っていた。

そのことを長男に話すと長男も同じ日にしたいと。

でも平日なら帰りがけに行くからいいけどわざわざ土曜の昼間に行くのはねえ(´・ω・`)

長男だってきっと外遊びをしていてわざわざ遊びを切り上げてバスケに行くのは面倒になるはず。

その子も平日のままだといいんだけど。

せめて長男がバスケになれるまではいてくれるといいんだけど。

弟君のバスケは笑えた。

一生懸命やっている姿がちょこまかしていて面白すぎる。

ドリブルせずにそのまま走っていってゴールの真下から上に投げてゴールに当たって跳ね返ってきちゃったりw

おかしいけどかわいいw

まだ小さいからなかなかボールがゴールに届かないし、ミニゲームをやっても上級生のボールが取れるはずもなくチョロチョロしているだけだった。

体験だけで、もうやらないっていうかと思ったけど、弟君もこれからもやると言った。

1年生は弟君ともう一人だけで、もう一人はだいぶ小さかったけどドリブルもシュートもできていた。

1年生でも練習すればできるようになるんだね。

兄弟そろってのバスケで、どんだけ上手くなるか楽しみだ。

長男は続くかなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加